こんにちは!シマノポコです。
読んでいただきありがとうございます。

今回は、2021年現在4歳の、息子もちふくの特性について書きます。

家族紹介
療育園での過ごし方
もちふく生後0ヶ月

注)息子は病院の発達外来に定期的に通っていますが、検査や診断はまだ受けていません。(発達外来の先生曰く、緊張で固まってしまい検査で正確な結果が出ないかもしれないから、もう少し検査は待ちましょうとの事)

療育園の先生曰く、自閉症と軽度知的障害の疑い有り。

F1735B38-0A88-464A-9378-1D56630D30C7



1
息子は2017年1月生まれ。
赤ちゃんの頃から、よく泣いて機嫌の悪い時が多くありました。
人見知り、場所見知りもひどく、児童館に連れて行ったときはひどく泣き叫んで、いたたまれずに逃げるように帰ったりしました。
2



















1歳10ヶ月位からイヤイヤ期が始まり、4歳3ヶ月位まで頻繁にかんしゃくがありました。
こだわりが強く、自分がやりたくない事は一切やらない、遊び続けたい時は帰らない、注意すると激しく怒り出す事が多かったです。
髪の毛を切られるのも苦手で、寝ている時に少しずつ切っていたので、髪が長めでした。
公園で他のこどもがいると、怖がって泣いたり近寄れなかったりしました。

3
2020年6月(新型コロナの影響で6月入園式でした)3歳4ヶ月で幼稚園の年少さんに。
先生の指示が通らなかったり、支度が進まず、ぼーっとする事が続きました。

家でも落ち着きがなく、大声を出して動き回ったり、家具や親にぶつかったりしていました。
偏食もあり、白米とお菓子しか食べない(食事を出すと怒ってかんしゃくを起こす)時期も。

この頃発達障害かもしれないと思い、市の発達相談へ行き、その後、療育園(児童発達支援事業所)に通う事にしました。
半年間は、療育園と幼稚園を併用し何とか通ったのですが、幼稚園の方は息子にとって緊張が強すぎて辛そうだと感じ、退園することにしました。
4
2021年からは、療育園のみ、週に5日(10時から15時まで)通っています。
手厚い支援で、のびのび過ごせるので息子に合っていて、言葉を話す量も増えました。
何より、楽しいと言って通っているので、親としても嬉しいです。

今回は簡単に息子の特徴について書いてみました。詳しくは、追々書いていきたいと思います。
息子と同じような特性がある=発達障害というわけではなく、個人によって一人一人違うと思うので、心配な方はお住まいの市区町村などにご相談ください。
次回は、療育園でどのような事をして過ごしているのかを書きます。
よろしくお願いします!


幼稚園のお話はこちらから↓



発達相談のお話はこちらから↓